シンゴジラ動画配信STRAT!
《シンゴジラを配信する動画サービス》
※3月22日から配信中
特典で無料視聴可能

>>U-NEXT
(動画レンタル再生期間2日)配信確認済

>>TSUTAYA DISCAS
(動画レンタル再生期間2日)配信確認済

>>au公式/ビデオパス
(動画レンタル再生期間3日)配信確認済

お試し期間内無料。※ビデオパスはau携帯&IDが必要。


​シンゴジラの動画はもうみなさん劇場で観に行きましたでしょうか?1954年の第1作目から29作目の映画動画で、2作のハリウッド版もあるので、よく続いていると思います。そのためかファンも年齢幅広く多いですよね。
 


シンゴジラは、興行成績がうなぎのぼりで、既にハリウッドや海外の映画館でも上映が決まっています。

この、実に12年ぶりの新作映画動画を作ったのは「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野監督です。

(2017/03/31)シンゴジラの考察などを見ていると、牧教授がシンゴジラ本体ではなく、幼体を海に沈めて何かしたようだ。教授は投身自殺なのか、幼体に取り込まれたのかはよくわからない。
(2017/03/22)シンゴジラ、各所で動画配信が始まる。
(2017/03/10)ブームを起こそうとするメディアに壁壁
(2017/03/3)監督賞、美術賞など、様々な賞を受賞。


シンゴジラ 動画 フル 無料視聴

シンゴジラの動画のフル配信はU-NEXTなどの特典付き配信サービスで開始されれば、無料視聴することも可能です。が、まだ定かではないので今後の情報をお待ち下さい。動画配信はユーネクスト、ツタヤディスカス、エーユービデオパスで予定確認済。



《その他関連動画情報》
旧シリーズの動画フルは、現在、U-NEXTやhuluで配信されています。

日本版旧シリーズは、すべての動画が見放題で楽しめるhuluで見るほうがお得でしょう。

​ハリウッド版動画はU-NEXTにしかありません。ポイント視聴ですが、登録特典にポイントがついてくるので、これで1作品無料で楽しむことが出来ます。


※お探しの情報については、以上になります。ご訪問ありがとうございます。



以下より、個人的なメモ書きも含む内容なので、スルーしてください。

今年の超大作映画は、これで決まりでしょう!!

予告動画をみる限り、人情系のようですね。映画館がお酒臭くならないよう、ワンカップ持ち込み厳禁!

 


シンゴジラ 動画 フル 無料 海外


シンゴジラ動画フル

海外(中国)にはシンゴジラのフル動画はないダス。


今回のシンゴジラのフル動画も、とても(≧∇≦)bイイ!!・・・んダスが、おいどんは、1984年版の動画がとても好きです。(これも現在、DVDやHuIuで動画が観れます。)
 


動画内容は、子供の頃に観てほぼ覚えておらず、シンゴジラが上陸して暴れる動画フルと、シンゴジラが三原山の火口の溶岩に消えていく動画フルしか当時は覚えていませんでした。しかし今観ると、当時の世界情勢がそのまま反映された動画フル作品となっています。1980年代の世界情勢は「米ソ冷戦」の真っ只中。

1954年第1作目シンゴジラの襲撃から30年経っているという設定です。ゴジラの襲撃でソ連原潜が撃沈され激怒したソ連が日本政府にゴジラに核攻撃を申し入れて来たり、アメリカはアメリカで核投下を打診してくる。大国のエゴがそのまま出ています。

その間にも原発がシンゴジラに襲われたり、ソ連の特務船が自衛隊とシンゴジラの戦闘に巻き込まれてスパイの活動もむなしく衛星から核ミサイルが発射される事態になり、その後始末を米国の迎撃ミサイルが撃墜するという場面があります。

シンゴジラは自衛隊の攻撃をものともせずに東京に上陸。避難命令が出て無人の店で窃盗するホームレスが武田鉄矢だったり、今観るとツッコミどころが満載。この作品には、架空兵器の「スーパーX」が出てきます。シンゴジラの熱戦に耐えカドミウム弾を撃ちこみ、怪獣と対等に戦う場面もあります。

このスーパーXは、動画のなかでは首都防衛の為の兵器という設定ですが、こんなのが冷戦時にあれば、時代や歴史が変わっていると思う。が、スーパーXはシンゴジラと対等に戦い、矢折れ尽きるまで戦い、シンゴジラに倒される住友ビルに下敷きになりやられてしまうのです。その中で主人公達はゴジラの弱点を見つけ、三原山におびきよせるのです。子供の頃はほぼ忘れていたけど、こんな内容とういのがわかる作品だ。
 

シンゴジラとフルCG動画のハリウッド動画の違い

ハリウッド版のシンゴジラの動画フルでは、フランスの俳優ジャン・レノが出ているシンゴジラと、渡辺謙が出ている動画作品があります。ジャン・レノが出ている動画作品は、イグアナのようなシンゴジラが出演しているが、熱戦を吐かずすばやく動き回る動画だけ。おススメは渡辺謙が出ているシンゴジラの動画です。こちらの方は全長が108メートルのメタボ体型です。シンゴジラは118メートルです。メタボ体型でもムトゥや米軍を蹴散らし熱戦も吐きます。

シンゴジラ動画フルのシリーズでは、東京やどこかの観光名所に上陸して他の怪獣と戦います。その度に自衛隊は蹴散らされやられっぱなしです。ハリウッド版でもニューヨークやサンフランシスコ、ハワイに上陸するシンゴジラは、米軍を簡単に蹴散らします。米軍が今度はやられっぱなしです。しかし、米軍も手をこまねいているわけではありません。

米空母やイージス艦で迎撃して、ムトゥ戦では戦闘機や地上戦で迎撃。しかし通常兵器は効き目ナシなのです。今回は架空兵器は出てこないが科学者役の渡辺謙が生物学の検知からシンゴジラがムトゥを狩りに来た事に気づき、それを利用する反撃法を思いつくのです。

シンゴジラ動画シリーズを通して見えるのは、核兵器や廃棄される核物質のせいでシンゴジラが誕生して他の怪獣も呼び寄せるというの
が見えてくるかもしれません。

シンゴジラ動画フルでもそうですが、海底に廃棄された核物質を食べた海洋生物が、シンゴジラとなって襲撃。ハリウッド版シンゴジラの動画フルでも繰り返しの核実験によりシンゴジラが誕生するという設定が動画で存在します。現在でも原発、放射能の問題はあります。どうやって処理して無害化するのか検討もつかない状態だろうか。それを考えながら動画フルを観ると、核問題も見えてきます。

シンゴジラ動画フルのコンプセント

今回のシンゴジラの動画フルのコンプセントは、現在の日本にシンゴジラが現われたらどうなるか?というものだす。フル動画を観ていると、非常にリアルだす。日本政府の対応や自衛隊の動きを事細かに描かれているだす。シンの話の中には、環境保護団体や動物保護団体が口を出してきたり、被害に巻き込まれる人達がスマホやタブレットで写真や動画サイト、SNSに投稿している場面が映画動画フルにあったり、シンゴジラがやってきて逃げ回る様子を動画に撮っていたりと多岐に渡っておわしませるでごわす。

動画フルの中には、シンゴジラに蹴られ、吹き飛ぶ電車や鉄橋が橋ごと何回転も転がる場面もあるだす。自衛隊も最新兵器を使い応戦。米軍も参戦してくるだす。

でも・・・でもぉっ!これまでのシリーズと同じく通常兵器が効かず、自衛隊も米軍もやられっぱなしなんだす(T_T)。んで、映画「シンゴジラ」の動画フルの中で最も美しく、考えさせられるシーン。。熱線が進化して紫色に光ります。見慣れた渋谷、銀座、新宿、永田町が灰燼に帰していくのだす(T_T)。

 

シンゴジラの動画フル本編 ネタバレ

映画動画フル「シンゴジラ」の話の中で、国連の安保理が召集されなす術がない日本政府に国連軍が召集され核爆弾投下をしていいか迫られたり、核投下のカウントダウンが迫る中、主人公達はシンゴジラの弱点を突いて反撃に出ます。今回のシンゴジラは、日本政府や米国政府、国連の動きがリアルに描かれて楽しめる、フル動画作品となっています。※ヤシオリとは、日本古事記に記されたヤマタノオロチ退治に用いられるお酒。

勿論、以前からシンゴジラのフル動画は知っていましたが、今までテレビや映画動画フルは、あまり良く観たことがないのですが、シンゴジラをフルで観て面白いと思いました。シンゴジラの動きが、とても細かくて映画館で観たのですが、とても迫力がある動画です。

シンゴジラが登場するシーンが印象的です。俳優の方々の演技も良くその中でも、石原さとみさんの英語の発音がとても良かったです。シンゴジラの動きなど、撮影などについて映画動画フルを観ていた間は疑問に思っていたのですが、テレビでシンゴジラの動きは歌舞伎役者の方の動きでの撮影と知りとても手が込んでいて作品に対しての情熱さが伝わってきました。迫力さと少し感動する場面もあり、とても良かったです。欲を言えば、動画フルの中に、もう少しシンゴジラの登場シーンがあってもいいかなぁと思いました。
 

『シンゴジラ』の動画フルは、賛否両論な映画だったことは認めつつも、立派な平成ゴジラだったと言わざるを得ません。『エヴァンゲリオン』を楽しみに待っている我々の、庵野監督への想い置いておいても、シンゴジラの動画フルは、純粋にエンターテイメント動画として楽しめる映画であることは間違いありません。

シンゴジラの動画内のカットの割り方なんかは、確かにフルアニメ的と言われるように、合理的でテンポの良い仕上がりでしたが、それがシンゴジラという作品を鑑賞する上での障害には、全く感じられません。災害時の自衛隊の動き方など、実際に多くの官公庁の動きを取材したというだけあって、この作品に詰まっているリアリティは並々ならぬものがあると思います。適度に人間の絶望と救い、シンゴジラの圧倒的強さを描くバランス感覚は、今までの作品から、よりブラッシュアップされているといっても過言ではないでしょう。まだフル動画をご覧になっていない方々にも、シンゴジラはぜひ観て貰いたい動画であることは間違いありません。

シンゴジラ 動画の生みの親(庵野秀明)

日本アカデミー賞で様々な部門で受賞を獲得した「シンゴジラ」の動画フルを産みの親”庵野秀明監督”とは、どんな方なのでしょうか? 一般的によく知られているのは、【シンゴジラ】でよりも、大人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の動画監督であるという事です。庵野さんは全身全霊フルパワーで、自分自身の全てを賭けて鬱と闘いながら「エヴァ」というエネルギッシュな動画を作り出しているそうです。 ​

​新劇場版の映画シリーズが完結したら、庵野さんはどうなってしまうのでしょう?心配。

さて、「シン・エヴァ」への産みの苦しみに苛まれている最中の「シンゴジラ」の動画は、2016年の邦画を代表する傑作。庵野さんの特撮に対する並々ならぬ拘りと愛情と、“今の日本”を捉えた鋭い視点が我々の心に与えた衝撃は凄まじい。

 

(3月17日追記;)シンゴジラのブルーレイの特典動画一部をyoutubeで見て思う。このシーン「フルCG」だったんだ。。白組ってすごいね。

(3月31日追記)シンゴジラの動画を見た感想。生物学の有識者の部分、一人が話をして、画面が切り替わって総理の手に行く演出は、まさに庵野さんらしいところですね。実際、有識者会議があったら、あんな感じで、本当に時間の無駄になってしまうんだろうなと思いました。

© 2017 シンゴジラ 動画 フル 無料 rss